HTMLクライアントで ActiveX コンポーネントを使用する

Windows上で Internet Explorerを使用する場合に限定されますが、HTMLスクリプト に、コンポーネントのタグを記述することで、Internet Explorer をコンテナとして ActiveX コンポーネントを動かすことが可能です。この場合、コンポーネントは 通常のプログラムとまったく同じ動作をさせることが可能ですので、通常のWWW ページとは違い、「何でもあり」の世界となります。

これがWebページを通して自動的にダウンロードされるのですから、 使い方によっては、ソフトウェアの配布・インストールの手間を省くことができる 非常に便利なコンポーネントになりますが、悪意を持って使用すれば、ダウンロード して実行したマシンの制御権を得ることさえ可能ですから、システムの破壊や データ改ざんなど、危険を秘めた技術であることも認識しておきたいものです。

・ ActiveX コンポーネントの貼り付け

<HTML>
 <HEAD>
  <script language="JavaScript">
   function Logon() {
     NsokCtrl.Logon();
   }
   function DoAlert(msg) {
     alert(msg);
   }
   function BarCode_ReadData() {
   //  alert(BarCode.BarCode);
     var PtCode, msg;
     msg = BarCode.BarCode;
     PtCode = msg.substr(msg.length - 5, 5);
   //   parent.right.document.DDrugOrder.iPtCode = PtCode;
     parent.right.document.DSelectPatient.iPtCode = PtCode;
   }
  </script>
  <SCRIPT LANGUAGE="JavaScript" FOR="BarCode" EVENT=ReadData>
    BarCode_ReadData();
  </SCRIPT>


 </HEAD>

 <BODY>
  <H1> This is sample page for IIS !</H1><!-- 
    <input type="button" value="Push" NAME="push" onClick="Logon();">
  -->
  <input type="button" value="Push" NAME="push"
         onClick="NsokCtrl.ShowLogonDialog();"><br>

  <OBJECT id=BarCode
     style="WIDTH: 0px; HEIGHT: 0px" 
     classid=clsid:8C747FF0-9D45-4E13-9F4D-A694F29D1270>
   <PARAM NAME="_Version" VALUE="65536">
   <PARAM NAME="_ExtentX" VALUE="2646">
   <PARAM NAME="_ExtentY" VALUE="714">
   <PARAM NAME="_StockProps" VALUE="0">
   <PARAM NAME="PortName" VALUE="COM1">
   <PARAM NAME="AutoStart" VALUE="1">
  </OBJECT><br>

  <OBJECT id=NsokCtrl
     classid=clsid:C6CEC9AE-B0BF-4FC2-82C0-0E39BFC65BDF>
   <PARAM NAME="_Version" VALUE="65536">
   <PARAM NAME="_ExtentX" VALUE="2646">
   <PARAM NAME="_ExtentY" VALUE="1323">
   <PARAM NAME="_StockProps" VALUE="0">
   <PARAM NAME="sConnection" 
    VALUE="PROVIDER=SQLOLEDB;SERVER=SQLSVR;DATABASE=Patient;UID=sa;PWD=;">
  </OBJECT>

 </BODY>
</HTML>


TOMOsan Top Page に戻る
パソコン・プログラミングに戻る


Copyright(c) 2001 Tomohiko Saito. All rights reserved.
last update :