その他のFreeBSDアプリケーション

・ ホームページカウンタ wwwcount(Count.cgi)

多くのサイトで使用されている cgi型カウンタで,設定ファイルにより簡単に 設定変更が可能です。最新バージョンは Count 2.5です。
オリジナルサイトは http://www.muquit.com/muquit/software/Count/Count.htmlです。

wwwcount2.5.tar.gz を /usr/local/src にダウンロードしてきたら、

tar zxvf wwwcount2.5.tar.gz
cd wwwcount2.5
./Count-config

として、設定ファイルを起動します。コンパイル前に必要なディレクトリ設定を 変更します。質問メッセージにしたがって答えてゆきますが、 特に指定をしなければならない項目は、apache の cgi ディレクトリ くらいでしょう。あとはデフォルトでOKです。

以下、設定画面からの抜粋です。

    Welcome to the configuration procedure of Count 2.5
    ---------------------------------------------------
    .....(略)

    During installation, the directories will be created for you
    if they do not exist and if you have the permission to do so.
    ++
Continue [y|n]? y                                # [y] と答えます

    You need to enter the full path of the directory where you system
    keeps the CGI programs. 
                                                 # apache の cgiディレクトリ
*cgi-bin directory [/usr/local/etc/httpd/cgi-bin]: /usr/local/apache/cgi-bin
                                                   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

# 以下の設定は特別な理由が無い限りデフォルトのままとする

* Base directory [/usr/local/etc/Counter]:           # [Enter]
* Config directory [/usr/local/etc/Counter/conf]:    # [Enter]
* Name of the configuration file [count.cfg]:        # [Enter]
* Data directory [/usr/local/etc/Counter/data]:      # [Enter]
* Digits directory [/usr/local/etc/Counter/digits]:  # [Enter]
* Log directory [/usr/local/etc/Counter/logs]:       # [Enter]
* Name of the log file [Count2_5.log]:               # [Enter]

Your configuration:
----------------------------------------------------------------
CgiBinDir=/usr/local/apache/cgi-bin
BaseDir= /usr/local/etc/Counter
DigitDir=/usr/local/etc/Counter/digits
ConfDir= /usr/local/etc/Counter/conf
ConfFile=count.cfg
DataDir=/usr/local/etc/Counter/data
LogDir=/usr/local/etc/Counter/logs
LogFile=Count2_5.log
----------------------------------------------------------------
Everything looks OK [y|n]? y                     # 設定を確認して[y]
Great! creating header file src/config.h
creating variables template file ./Config.tmpl for the install program..

デフォルトで全コンポーネントをコンパイルします。

 make all

続いて動作環境の設定を行います。この設定項目は、運用を開始してからでも /usr/local/etc/Counter/conf/count.cfg を編集すれば変更できるようです。
データファイルを自動作成するかどうか、自ホストからのアクセスをカウントするか どうか、リロードした場合はどうするかといった設定を行います。設定エラーが あった場合、そのエラー内容をブラウザに表示させることも出来ます。

./Gen-conf

    Welcome to the conf file generation procedure of Count 2.5

    .....(略)

Continue [y|n]? y
                                                      # 自ドメインを指定
* Enter your fully qualified domain name [no default]:  mydomain.com
                                                        ~~~~~~~~~~~~
* Enter your IP address [no default]: 192.168.123.2   # IPアドレスを指定

* Does your host have any nickname (FQDN) [y|n]:? y
* Enter your host's nickname (FQDN) [no default]: www.mydomain.com

* Do you want to allow automatic file creation [[y|n]? y
* Do you want the program to run in strict mode [[y|n]? n
* Do you want to ignore access hits from your own host [y|n]? y
* Allow using the rgb.txt file [y|n]? y
* Do you want to allow the counter to be reloaded [y|n]? y
* Do you want to log error messages [[y|n]? y
* Do you want to show error messages to browsers [[y|n]? y
    Created conf file "count.cfg"

最後にインストールを行います。ここでは apache の child process の実行 ユーザ・グループを指定します。

./Count-install
    
    *** You are installing Counter as root ***
    .....(略)
*Do you know the user and group id of httpd' child process [y|n]:? y
*Enter user id of httpd's child process [no default]:? nobody
*Enter group id of httpd's child process [no default]:? nogroup
    .....(略)

以上でインストールは終了です。 /usr/local/apache/cgi-bin/Count.cgi が 作成されていると思います。設定を変更する場合は /usr/local/etc/Counter/conf/count.cfg を編集します。

実際にホームページでカウンタとして使用するためには、カウンタを表示させようと するページに以下の記載を追加します。ブラウザからは画像ファイルとして扱われる ようになります。

<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=sample.dat&dd=A">

<img>で Count.cgi を指定します。パラメータとして、df= に カウンタ用データファイルを指定し、dd= にカウンタのタイプを指定 します。カウンタには A, B, C, D, E とタイプがあります。


・ 無停電電源装置とソフト(freqship)のインストール

TOMOsanの仕事場では、無停電電源装置として 三菱の[Freqship A]を使用して います。これを選んだ理由は、ラインインタラクティブ方式を採用していて、 信頼がおける点と、何よりも シャットダウン用ソフト 無償でソースが提供されており FreeBSDに対応していたことに尽きます。

付属の説明文書のとおり、展開とインストールを行います。

su root
mkdir /freqship
cd /
tar zxvf /usr/local/src/freq-bsd.tgz    (ソースを指定して展開)
cd /freqship
./configure
make
touch /etc/rc.local                 (rc.localが存在すれば不要)
make install

## 起動と停止
make start
make stop

停電からシャットダウンまでの時間(delay)の設定

 /freqship/bin/setdelay [OS time] [UPS time]

・ ntp(sntp)サーバについて

ntp(network time protocol)サーバは、クライアントからの時刻問い合わせに対して 時刻を返すサービスを行いますが、FreeBSDには標準で組み込まれています。
デーモンの名称は、3.xでは xntp、4.xでは ntp となっています。

設定は、/etc/rc.conf に以下の記述を加えます。

## FreeBSD3.x
xntpd_enable="YES"
xntpd_program="xntpd"
xntpd_flags="-p /var/run/xntpd.pid"

## FreeBSD4.x
xntpd_enable="YES"
xntpd_program="ntpd"
xntpd_flags="-p /var/run/xntpd.pid"

となります。次に ntpd自体の設定ファイル /etc/ntp.confを編集します

server xxx.xxx.xxx.xxx        (外部 ntpサーバのアドレスを指定)
## server 127.127.1.1         (自分自身をサーバにする場合)
driftfile /etc/ntp.drift

と設定します。/etc/ntp.drift ファイルは、 時刻のズレを調整するための情報を保存するファイルで、 touch /etc/ntp.drift として作成しておきます。

なお時刻がサーバとある程度以上ずれていると自動調整しないようです。この場合 コマンドラインから 'Date hhmm.ss' として ほぼ正確な時刻に調整しておく必要があります。


(参照) JST2000, http://www.c-dex.co.jp/


・ dhcpサーバについて

ここでは ISC dhcp-2.0.tar.gz を使用します。DHCP 機能を有効にするためには kernel レベルで bpf(Berkley Packet Filter)が使用可能になって いなければなりません。FreeBSD4.3Rでは使用可能になっていますが FreeBSD 2.xx、 3.xx では kernelの再構築が必要になります。

インストールは、

su root
cd /usr/local/src
tar zxvf dhcp-2.0.tar.gz
cd dhcp-2.0.tar.gz
make
make install

とお決まりのコースでOKです。/usr/sbin/dhcpd としてインストールされます。


設定ファイルは /etc/dhcpd.conf です。最低限の設定は

# dhcpd.conf

# option definitions common to all supported networks...
option domain-name "mydomain.com";
option domain-name-servers 192.168.123.2;

option subnet-mask 255.255.255.0;
default-lease-time 3600;
max-lease-time 7200;

# The other subnet that shares this physical network
subnet 192.168.123.0 netmask 255.255.255.0 {
  range  192.168.123.128  192.168.123.160;
  option broadcast-address 192.168.123.255;
  option routers 192.168.123.1;
#  option name-servers 192.168.123.2;
}

設定ファイルでは、ドメイン名と、DNSサーバ、サブネットマスク、デフォルト ゲートウェイ、IPアドレスの範囲、リース時間を設定しています。



TOMOsan Top Page に戻る
パソコン・プログラミングに戻る


Copyright(c) 2001 Tomohiko Saito. All rights reserved.
last update :